JALやANAなど在来会社国内線のメリット

JALやANAなど在来会社国内線のメリット

国内線のフライトを利用する場合に、日本航空や全日空の大手航空会社を利用するか、
Peach・ジェットスター・バニラエア・春秋航空日本などのLCCを使うか迷う場合があります。
結局のところサービスの良い方を選びます。そのサービスの内容については、個人差があります。
 
今回は【JALやANAなど在来会社国内線のメリット】について掘り起こしてみましょう。
格安航空会社(LCC)と比較することで、メリットやデメリットが浮き彫りになってくると思います。
 
どんなものでもメリットとデメリットがあります。
それをしっかりと理解することで、自分にとって満足できるフライトを選ぶといいでしょう。
そこにギャップが生まれてしまうと、折角のフライトを楽しめなくなります。
価格競争でも最近は日本航空や全日空の大手航空会社でも早期割引運賃を導入して遜色がないものになっています。
 
それならば機内サービスが良いほうを選ぶのは当然のことかもしれません。
私達は、選択肢が増えたので自分のライフスタイルにあった航空会社が選べる時代になってきているのです。
 
 
■在来会社はレガシーキャリアと呼ばれます。
 
航空業界に詳しい人ならばレガシーキャリアがJALやANAのことを指し示すことを知って入るでしょう。
価格優先の格安航空会社(LCC)とは違って、逆を行ってます。伝統的な大手航空会社なのです。
厳密に言いますと、フルサービスを提供してくれる既存の大手航空会社です。
 
飛行機を利用してくれるお客さまに最高のおもてなしをしてくれます。
快適な空の旅を提供してくれるのがJALやANAなど在来会社です。
Peach・ジェットスター・バニラエア・春秋航空日本などのLCCが参入してくるまでからあったのです。


飛行機の予約どこで予約するのが一番安くて安心?